【簡単】文章で個性を出す方法

文章の書き方

ブログ記事などを書いた時に、なんか個性のない文章だな……と思ったことありませんか?

実は簡単に、オリジナリティのある文章を書くことが出来るんです。

やり方としては、たった1つのポイントを意識するだけ!

解説して行きます。

レッツトライ!
スポンサーリンク

1つのことを意識すれば文章は魅力的になる

文章で個性を出すのは難しいと思う方は沢山いらっしゃるかと思います。

でも実は、とある1つのことをするだけで

簡単に実行出来るんです。

その方法とは、語尾」を変化させるということ。

詳しく説明します。

 

通常、皆さんが文章を書く時は、語尾は「です」「ます」が多いと思います。

基本的には語尾はそれでいいと思います。

世の中で目にする文章は基本「です」「ます」を使って書かれていますよね?

その様な理由から「です」「ます」を使った文章は、悪く言えば読者に『普通』『文章に個性がない』という印象を与えてしまうかもしれません。

逆にメリットを言えば、世間の人々からしたら馴染みのある語尾なので、書いた文章をすんなりと抵抗なく受け止めてもらえるということ。

といった感じです。

魅力的に魅せる方法をいくつか紹介

いくつか語尾の例を出して解説します。

メリットやデメリットも紹介。

『だよ』

友達感覚のような印象を与えられます。

実際に友達と話す際は「~だよ」って言うことありますよね?

この語尾は親しみを持たせやすい印象があります。

デメリットとして、人によっては馴れ馴れしいと感じると思うので、注意が必要。

『だ』

「〜だ」と言い切ることで、読者に信頼性を与えられます。

強い自信の表れが文章に込められているんだな。

という印象を持たせることが出来ます。

『である』

「〜だ」と同じような感じで、信頼性を与えることができます。

ただし、この語尾は日常であまり目にしないので、連発するとウザいと思われてしまうかもしれない。

文章に個性を出す他の方法

語尾以外にも、文章を魅力的に魅せる方法があります。

例えば、比喩表現を入れてみたり、起承転結を意識して話の展開に緩急を持たせたり。

下記の記事で紹介しているので、良ければ参考にして頂ければと思います。

簡単に出来る文章力の鍛え方【ビジネスでも役立つ】
文章を書くことが苦手でも、たった3つのポイントを抑えるけで簡単に魅力的な文章が書けるようになります。その方法をご紹介!

まとめ

簡単に文章を魅力的に魅せる方法をご紹介しました。

すぐに実践できるので、是非試してみて下さいね。

 

参考になったと思ったらクリックをお願いします!↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました