ゲーム感覚で楽しく文章力を鍛える方法【50作品以上書いてきた私が解説】

文章の書き方
楽しく文章を書こう!

 

魅力的な文章が書けるようになりたいけど、時間がかかりそう……。

と思っているあなたにお知らせ!

楽しく&ワクワクしながら文章が書けて、しかも効率的に文章力が鍛えられる方法をご紹介。

ではさっそく見て行きましょう!

スポンサーリンク

キーワードを2つ決めるべし

文章を書く練習をする際に初心者が陥りがちなのが、何を書いたらいいか分からないということ。

それが課題が大きな壁に感じてしまい、解決方法も分からず早速挫折してしまう方もいるかと思います。

解決方法はというと最初にキーワードを決める!

ただこれだけ。

そうすることで伝えたいことが明確化し、文章全体の構図も作りやすくなります。

キーワードを決めないで書き始めると、暗闇の中を進んで行くような感覚でゴールが見えないまま書いていくことになります。

経験上これは辛いし大変です。

何故かというと、自分でも何を書きたいのかはっきりしていないので、延々と続いてしまうからです。

それを回避するためにもまずはキーワードを設定しましょう。

2つ決めて下さい。

決める際のポイントとしては、深く考えすぎないということ。

今回はゲーム感覚で楽しくというのがモットーなので。

堅苦しい文章を書く必要もないので気楽に行きましょう!

キーワードの決め方「初級編」

関連性があると書きやすいです。

例えば「リンゴ」「食事」とか。

ポイント下記の通り↓

慣れない内は身近にあって、尚且つ関連性があるモノ

から探しましょう。

キーワードの決め方「中級編」

初級編の時とは逆に、関連性のないモノにすると一気に難易度は上がります。

ですがその分、頭を使うので文章の構成能力が身に付きますよ。

キーワードの決め方としては、例えば「飴」「靴」など。

こういった関連性のないモノで話を作るのは大変ですが、逆に腕の見せ所でもあるので、文章を書くのがとても楽しくなりますよ。

キーワードの決め方「上級編」

ここまで来たらあなたの文章力は相当上がっているはずです。

更に鍛える方法をご用意しました。

それはキーワードを3つにするということ。

腕に自信のある方は是非試してみて下さい。

 

では具体的にどう書けばいいのか。

説明して行きます。

設定はぶっ飛んでいてもOK!

楽しく書くがモットーなので、文章の上手さや作品の世界観を強く意識する必要はありません。

2つのキーワードを1つの作品でどう絡めて行くのか。

これだけを意識しましょう。

書きやすい方法としては、1枚の紙にそれらのキーワードを離れた場所に書いて、2つの間を繋げて行く要素や単語を紙の真ん中辺りに箇条書きで書いていく。

1通り思いついた言葉を書いて行って「これは使えそう!」と思ったモノを、最初に書いたキーワードと線で繋げて行く

これを繰り返すと話全体の構成がぼんやりと浮かんでくると思います。

慣れてきたら頭の中だけで考えられるようになりますよ。

具体的な文章の書き方を知りたいと思った方は、以前書いた記事を参考にして下さればと思います↓

文章力を鍛えるには掌編小説を書こう!【50作品以上書いてきた筆者が解説】

【初心者向け】ワンランク上の文章の書き方【レポートや小説に】

 

恥ずかしいかもしれませんが、自分が書いた作品を誰かに読んでもらって感想を貰うと、やる気も上がりますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少しでもワクワク感を感じられたなら嬉しく思います。

文章を書くことは難しくありません。

勝手にそう思い込んでいるだけだと私は思います。

良ければ今回の記事を参考に書いてみて下さいね!

 


文章の書き方
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました