パソコンの知識が簡単に身につく試験「MOS」って何?

投資と資格
日常で使うソフトの知識を極めよう!

前回に引き続き、人気資格の紹介です。

MOSとはマイクロソフト オフィス スペシャリスト
の略です。

マイクロソフト認定資格であり、就職や転職でパソコンスキルがある事をアピール出来ます。

では詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

種類と難易度は?

『Word』

『Excel』

『PowerPoint』

『Access』(データベース管理ソフト)

『Outlook』(電子メール・情報管理ソフト)

の5科目があります。

日常でも仕事でも使う、おなじみのソフトについての試験になります。

WordとExcelはスペシャリスト(一般)エキスパート(上級)と、2つの難易度があります。

スペシャリストは基本的な機能の理解、エキスパートはより高度な機能の理解が求められます。

よっぽどの事が無い限り、スペシャリストを取得すれば仕事などでも十分役立ちます。

ちなみにバージョンがそれぞれ2010、2013、2016と3つあります。

現在、家や会社で使っているソフトのバージョンがいくつなのかを見て、それに合わせたものを受験するといいと思います。

受験方法は?

・全国一斉試験

・随時試験

の2種類があります。

それぞれ詳しく見て行きましょう。

『全国一斉試験』

決められた試験日に、決められた会場で受験する方法です。毎月1~2回実施されています。

『随時試験』

各試験会場が設定した日程、試験開始時間で試験を行います。

近所のパソコンショップなどでも実施されているので、身近な場所で受験出来るのでこちらの受験方法がおすすめです。

受験金額は約1万円かかります。

金額は高いですが、ちゃんと勉強すれば2ヶ月で受かるので、お金を無駄にしない為にも頑張りましょう!

合格率は公表されていませんが、恐らくかなり高いと思います。

パソコンが苦手でも、コツコツやれば十分受かる資格です。

勉強方法は?

テキストを1冊買って、繰り返し問題を解きましょう。

おすすめのテキストはこれ↓

これ1冊買えば十分知識が身に付きます。
私はExcelを上記のテキストで勉強しました。

普段パソコンに触っている方であれば、2ヶ月もあれば受かると思います。

CD-ROMが付いているので、パソコンで実際に操作しながら学べます。
練習問題もいくつも収録されており、自動採点機能や解説機能もあるので分かりやすいです。

最初は全然点数が取れずびっくりしましたが、学ぶほどに実力が身についているのを感じられます。

ちなみに。

通信講座もありますが約20,000円します。

まとめ

こんな機能があるのか!

と驚くような機能も沢山学ぶ事が出来ます。

生活でも役に立つこの資格、おすすめですよ。

 

良ければクリックしていただけると、やる気に繋がります!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

投資と資格
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました