頭の片側が痛む?それは片頭痛かも【原因と対策を解説】

健康

片頭痛の原因を知ろう!

片頭痛とは、頭の片側が痛むことが由来です。

ズキズキとした痛みが特徴です。

仕事中になったりすると集中できなかったりしてツラいですよね。

今回はそんな片頭痛について解説していきます。

スポンサーリンク

前兆について

前兆は、頭痛より前に起こる症状で、キラキラした光、ギザギザの光(閃輝暗点)などの視覚性前兆が最も多くみられます。通常は60分以内に前兆が終わり、引き続いて頭痛が始まります。

引用:日本神経学会 脳神経内科の主な病気

閃輝暗点は、目を閉じていてもキラキラとした光を感じます。

分かりやすく言えば、太陽の光を直視してしまった時のような感じです。

視界が一部欠けてしまったような感覚に陥るので、初めてなった時はこのまま失明してしまうのではという恐怖に陥りました。

大体1時間この状態が続き、その後に頭痛が始まります。

閃輝暗点が始まったら、すぐに頭痛薬を飲むのを心がけた方がいいと思います。

頭痛について

こめかみあたりで、ドクンドクンと血管が脈打っているような感覚を感じます。

それに連動するように頭もズキンズキンと痛みます。

頭痛のタイプは

緊張型頭痛(大体月に15日前後)                          群発頭痛(数週間から数か月続く)
の2つに分類されます。
ちなみに殆どの方は緊張型頭痛に部分類されます。

原因について

頭痛を引き起こす原因としては、ストレスや気候の変化が挙げられます。
他には、「雨が降ったり、台風が来たりすると頭が痛くなる」という方も多いのではないでしょうか。
その原因は
気圧が下がることにより、脳内を流れている脳脊髄液という液体が圧力を増し、神経を圧迫して痛みが起こる、しめつけられるなどの症状を発生する
参考文献:原田賢 『自律神経整え方BOOK』
     株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 2018
となっています。
天気が良くないと具合が悪くなるのには、そういった要因があったのです。
眼精疲労や肩こりなども頭痛の原因になるので、日常生活で思い当たる点があるなら気を付けましょう。

改善方法

閃輝暗点が起こってしまったら、すぐに頭痛薬を飲んだり、暗い部屋で横になって安静にすると早く改善に向かうとされています。

ストレスを貯め過ぎないのも重要です。

また頭痛が起きるかも……。と思ってしまいがちかもしれませんが、その思い込みもよくない影響を及ぼすと思います。

以前病院で医者に、「心配し過ぎると心を病む。心を病むと体に現れる

と言われたことがあります。

ストレスや心配し過ぎは、健康だったとしても病気を引き起こす可能性があるそうです。

仕事やプライベートで疲れていたら、たまには心の休息のために気分転換したり、運動が効果的!

体の筋肉をのコリをほぐすと血流の流れもよくなるので、頭痛の頻度の軽減にもつながります。

まとめ

ストレスや運動不足、気候など様々な要因から引き起こされる片頭痛。

なるべく頻度を減らして改善していくためにも、この記事を参考にしていただければと思います。

 

運動などが苦手なら、マッサージのお店に行くのもいいかもしれませんね↓

 

良ければクリックしていただけると、やる気に繋がります!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

健康
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました