都心から日帰りで行ける『清里』の癒しスポットをご紹介!【隠れ名店も】

観光

日々仕事で忙しくて、リラックスしたい!

都心からも行きやすくて日帰りも可能なのが清里です。

大自然が広がり、澄んだ空気に癒される場所。

その魅力スポットや穴場のお店をご紹介!

自然の中でリフレッシュ!
スポンサーリンク

清里ってどこにあるの?

山梨県の八ヶ岳南麓にあります。

標高が1,200mと高く、周囲を山に囲まれていることから、空気がヒンヤリとしていて避暑地として有名です。

冬にはスキー客で賑わうなど、1年中人気のエリアです。

行き方は?

都内から電車で行く例をご紹介します。

山梨というと遠いイメージがあるかもしれませんが、実はそんなに時間がかからないんです。

新宿からなら最短で約2時間30分で行けます!

これなら日帰りも出来ますよね。

しかも乗換も1回で行けるので楽ちん!

意外とあっという間に着きますよ。

行き方はというと、まず新宿から小淵沢という駅まで特急あずさで行きましょう。

乗車時間は約2時間。

小淵沢に付いたら乗換で、JRの小海線で清里までGO!

2両編成の可愛らしい電車で、大自然が広がる中を走って行きます。

乗車時間は約30分です。

ちなみに、小淵沢から清里へ行く電車は1時間に1本しかないので、乗り遅れると悲惨なことになります(苦笑)

全体の乗車料金は約5,000円ちょっと位です。

穴場のグルメ店

長旅お疲れさまでした!

駅を出ると、目の前に広がる雄大な景色と標高1,200mの澄んだ空気に癒されますよ。

さて、まず昼食だ!

という方にお勧めのお店をご紹介します。

それがグラタン専門店アミ。

清里駅から徒歩3分です。

季節の食材を使ったものから、定番のものまで何種類ものグラタンから選ぶことが出来ます。

芸能人の色紙が何枚も飾られており、知る人ぞ知る有名店らしいです。

↑は季節のメニューの「コーンとじゃが芋のグラタン」です。

ホワイトソースが濃厚で、じゃがいもの甘みやチーズの旨味等が合わさって美味しかった!

価格は1,000円ちょっと。ミニサラダが付いてきますよ。

グラタンの量はあまり多くないので、追加でパン(ロールパン2つで約200円)の注文をお勧めします。

自然を満喫だ!お勧めスポットをご紹介

食事が終わったら観光に行きましょう!

まずは有名な萌木の村をご紹介します。

駅から徒歩10分。

駅前から一直線に伸びている下り坂を進んで行けば着きますよ。

萌木の村は、ハンドメイドの雑貨店が数多く並んでいるエリアです。

周りを木々に囲まれており、自然の中を歩きながら、ユニークだったり可愛らしい商品に数多く出会うことが出来ます。

オルゴールの博物館もあったりして、おとぎの国のような雰囲気が感じられますよ。

おみやげも豊富で、木材を活かした温かみのある物や、猫などの動物の可愛い物などきっとあなたも迷ってしまいますよ。

↓こういった樽みたいな形の物や(チョコのお菓子が入っている)

↓リスの可愛い置物

↓猫の置物

など癒されるグッズが多くありました(笑)

萌木の村自体はそんなに広くなく、3時間はあれば全体のお店を回れると思います。

新鮮な牛乳で作られたソフトクリームを堪能出来るスポット!

大自然ならではの、おいしいソフトクリームを食べられるのが、清里ミルクプラント

先程の萌木の村からは歩いてすぐです。

上記のマップでは1度車道に出る形になっていますが、萌木の村を抜けて少し歩き、そのままミルクプラントに行くことも出来ますよ。

その方が近いです。

入り口は↓の看板が目印! 何とも言えない表情の牛さんがお出迎えしてくれます(笑)

このエリアには

・ソフトクリームやチーズなどの乳製品を売っている店

・大豆製品の店

・ジャムの店

の3つの店舗があります。

ソフトクリームの店では、濃厚な牛乳を使ったものが楽しめますよ。

味が濃いのにさっぱりとした後味で、是非食べてみることをお勧めします!

大豆製品のでは濃厚で味のしっかりした豆腐を楽しめます。

試食も出来るので味を確かめられますよ。

ジャムの店では、初めて聞いた名前の果物のジャムが何種類も売っています。

スコーンも販売されていてイートインスペースもあるので、小腹を満たすのにいいかもしれません。

まとめ

今回は清里の、穴場的なスポットも含めてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

奇麗な空気に雄大な自然。

都心からも楽に行けて、日々の疲れを癒すことが出来る場所なので、是非行ってみてはいかがでしょうか?

 


観光
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました