検索履歴など過去の自分のデータを見る方法【Googleのサービス】

豆知識

ありとあらゆるデータを確認出来るよ

Googleアカウントを持っている人も多いかと思いますが、Googleから提供されている面白いサービスをご紹介。

それが

自分のデータをダウンロード

というもの。

どういう事なのかさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ありとあらゆるデータを見る事が出来る

・Chromeで検索した履歴、アクセスしたページ

・Google Play Musicの再生履歴、リスト

・Google Playのゲームの実績やスコア

その他、ダウンロードしたアプリや写真、ビジネスに関するデータやYouTubeの再生履歴などなど。

今まで自分がインターネットを通じてやってきた行動やデータが丸裸になってしまうという感じです。

恐怖さえ感じる内容ですが、己を見つめ直す機会にもなるかもしれないですね。

「あの時のあのデータどこにいったかな……」

というお悩みももしかしたら解決するかも?

では実際にどうやるのか。

その方法をご紹介します。

ダウンロード手順は簡単

まずは自分のデータをダウンロードページにアクセスします。

必要な物にだけチェックを入れて、ページの一番下にある「次のステップ」ボタンをクリック。

下記の様な項目が出てくるので、「アーカイブを作成」ボタンをクリック。

 

取得するデータが多い場合に、数時間から数日かかる事もあるようです。

私はウェブやYouTubeの検索履歴など限られた物だけ選択したので、1分もかからず終わりました。

ダウンロードが終わるとzipファイルが形成されますので、右クリックから「すべて展開」で開きましょう。

↓みたいにフォルダが並んでいるので、試しにYou Tubeをクリックしてみます。

「登録チャンネル」や「履歴」といったフォルダが出てきました。

今回は「履歴」フォルダにある、『検索履歴.html』というファイルをクリック。

すると、

過去の検索履歴がずらーっと出てきます。

私の場合、2015年に検索した履歴も出て来ました。

そんな古いのも出てくるのか……。

まとめ

自分の情報を、まるっとお見通し出来るこの機能。

あの頃はこんなものにハマってたのかぁ……等、過去の記憶を思い出す事も出来るかもしれませんね。

ですが、様々な情報をダウンロードする事になるので、セキュリティやその他諸々には十分ご注意下さい。

 

良ければクリックしていただけると、やる気に繋がります!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

豆知識
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました