【厳選】おしゃれなフリー写真素材を配布しているサイトをまとめてみた【商用利用OK】

ブログ運営の豆知識

「ブログ記事などで、画像を使用したい」

といった時に役立つのが、フリー画像・写真素材です。

それらを配布しているサイトを検索したら、沢山出てきたがどれが良いのだろう?

そもそも著作権は大丈夫なのだろうか?

などの疑問も出て来るかと思います。

今回の記事では、著作権フリーなので自由に使用出来て、尚且つ登録不要のサイトを大量にまとめてみました。

お気に入りのサイトを見つけてみて下さいね!

ナイアード
ナイアード
各サイトの注意事項はしっかり確認するのが大事ニャ
スポンサーリンク

フリー画像や素材を使う時の注意点

無料で画像が配布されているとはいえ、何にでも自由に使えるわけではありません

ダウンロードする際はまず、そのサイトに記載されている利用規約を確認して下さい。

利用規約とは

基本的には下記のような内容になります。

再配布の禁止・販売目的での使用の禁止・アダルトサイト等での使用の禁止

など。

これらのルールを守って使用しましょう。

可能ならクレジット表記をしよう

掲載されている写真は、誰かが実際に撮影して投稿して下さったものなどです。

これは必ずしないといけないという訳ではないのですが、著作権表記を推奨しているサイトも多いので、記載してあげると親切かもしれませんね。

おすすめのフリー素材サービス

これからサイトをご紹介しますが、個人的に

・見やすくて使いやすい

・画像のクオリティが高い

・登録しないで使える

というポイントを重視して厳選しました。

1.O-DAN

個人的に1番のお気に入りがこれ。

世界中の32もの画像サイトから、ワンクリックで検索出来ます。

しかもクオリティが高い!

過去にこのサイトの使い方と魅力をまとめた記事を書いているので、良ければ参考にしてみて下さい。

O-DAN

世界中の無料写真素材をダウンロードできるサイト「O-DAN」を紹介!【商用利用可能】
高品質で無料で著作権フリーな画像サイト知りたくないですか?今回の記事では、そんな欲望を叶える素敵な画像サイトをご紹介!

2.ぱくたそ

有名なサイトの1つ。

日本最大規模とのことで、豊富な数が用意されています。

なんでこのシチュエーション!? と思わず思ってしまうような、癖のある画像も沢山あります(笑)

逆に言えば痒い所に手が届くといった感じで、求めているものが見つかりやすいかもしれません。

ぱくたそ

3.GIRLY DROP

「女の子による女の子な写真素材」をテーマとされており、

ガーリーだからと言って甘々になりすぎず、可愛いくせにシンプルで、どこかカッコイイ。

引用元:「GIRLY DROP

というコンセプトの下、2人の女性が運営されているサイトです。

女子力高い、可愛らしい画像を探している方におすすめ。

GIRLY DROP

4.food.foto

食材・料理・野菜・果物の写真素材が掲載されています。

プロのカメラマンが撮影されているとのことで、高品質。

food.foto

5.Foodiesfeed

こちらも食材などが掲載されています。

海外のサイトなので、日本では見かけないような料理やおしゃれなものが沢山!

注意点として、英語で検索する必要があります。

Foodiesfeed

6.Odds and Ends

旅と暮らしをテーマとした写真を無料配布しているサイト。

個人の方がヨーロッパ各国を旅行して撮影したものが掲載されています。

旅行者ならではの目線で、センスの光る写真が沢山ありますよ。

Odds and Ends

イラスト素材を紹介

7.いらすとや

今となってはCMでも使われているイラスト素材を提供しているサイト。

カテゴリ分けも細かくされているので、目的のものが見つかりやすいですよ。

いらすとや

8.いらすとん

「いらすとや」のイラストを描いている方と、同じ方が運営しているサイト。

ゆるかわなイラストが沢山ありますよ。

いらすとん

9.FLAT ICON DESIGN

可愛らしくておしゃれなアイコン素材を公開しているサイト。

ファビコン(ブラウザのタブに表示される画像)などに使うのも良いかもしれませんね。

FLAT ICON DESIGN

10.Town illust

観光で有名な街並みや建物などのイラストが公開されています。

記事に使えば、写真とは違った優しい雰囲気を出せるかもしれませんね。

Town illust

まとめ

興味のあるサイトは見つかりましたか?

利用は無料なのでぜひ使ってみて下さいね。

 

役に立ったと思ったらクリックをお願いします!↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ



タイトルとURLをコピーしました