独学で簡単に取得出来る「FP」について解説!【生活に役立つ】

投資と資格
お金に関する知識が身に付くよ

人気資格の1つであるFP(ファイナンシャルプランナー)。

日常生活のありとあらゆる場面で役に立つ、お金の知識を学ぶことが出来ます。

合格率も高く、手軽に取れるのも人気の理由。

そんなFPについて解説していきます。

スポンサーリンク

FPってどんな試験?

 

老後の生活資金や住宅ローン・相続や税金など、生きて行く上で誰もが関わってくる様々なライフイベントについての、お金の知識を習得することが出来ます。

私自身勉強していて、参考になる点が沢山ありました。

例えば、

・年金はいつからもらえて、もらうための条件はどういったものなのか。

・将来子供が生まれて、ローンで家を買うのに必要な資金はいつまでに貯めればいいのか。

といった具体的な収支の詳細を明確に把握することが出来ます。

お金は生きて行く上で常に必要なので、損をしない人生を送るためにも学んでおいて損は無いと思います。

老後は年金もらえるから、まぁ大丈夫か……。という楽観的な意識から、自分で行動していかないと生活資金は豊かにならない! という危機感を持つことが出来ました。

(FP3級の合格で知識が身に付いたこともあり、投資信託も始めたのですが、それはまた別のお話で解説していこうかなと思っています……)

試験の種類について

 

FPは試験の種類が特殊で、

・3級FP技能士
・2級FP技能士
・1級FP技能士
・AFP
・CFP
といったふうに分かれています。
上の3つが国家資格で、下の2つが民間資格です。
難易度は2級FP技能士とAFPが同レベル。1級FP技能士とCFPが同レベルとなっています。
初めて受けるなら、3級FP技能士でいいと思います。
というのも、上記3つは一度取得すれば一生自分のものとなりますが、AFPとCFPは定期的に更新作業をする必要があります。
なので、まずは3級FP技能士の取得を目指せばOKです。
試験は1月5月9月の年3回
受験手数料は3級が6,000円。2級が8,700円。
試験は、それぞれ学科と実技の2つに分かれています。
実技といっても実際に体を動かして何か披露するわけではありません(笑)
ちなみにFP3級は実技が3種類あります。
きんざい日本FP協会という、2つの指定試験機関により運営されています。
きんざいでは個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務
日本FP協会では資産設計提案業務
という試験が用意されています。
実技はこの中から事前に1つ選んで申込するのですが、FPの知識が会社で必要だという方以外は個人資産相談業務でいいと思います。
なぜなら、日常生活で役立つ知識が詰まっているからです。

合格率は?

 

FP3級が約70%で、国家資格としては取得しやすいものとなっています。

FP2級は約30%前後なので、一気に難易度が上がります。

テキストと問題集をそれぞれ買って3ヶ月程で知識が身に付くので、他の資格と比べたら難易度は低いです。

ちなみにおすすめの本はこれ↓

カラーで見やすいですし、説明も分かりやすいです。

この2冊を繰り返し読んだり問題を解くことで、合格出来ました。

 仕事で活かせる?

お金の知識がメインのこともあり、金融や不動産や保険業界では役に立つ部分が多いです。

会社によっては取得することで手当てが出るところもあるようです。

ちなみにFPは独立開業も可能。

資格取得者の方がテレビや書籍で、解説をしているのもよく目にしますよ。

比較的取りやすい資格なので転職活動ではアピール力に欠けるかもしれません。

まとめ

実際勉強していくと、「へぇ~参考になる!」という驚きを感じる場面が多々含まれているFP資格。

安定した豊かな生活を送るためにも、お勧めです。

賢くお金を貯めて、浮いたお金で豪華な食事や旅行に!

といったのもいいかもしれませんね。

 

良ければクリックしていただけると、やる気に繋がります!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

投資と資格
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました