ドライアイの症状を解説【原因と改善方法も】

健康
目がしょぼしょぼするニャ…

パソコンやスマートフォンが普及し、デジタル機器を使用する頻度が多くなった今日この頃。

目が乾燥したり、ぼやけたりといった症状はありませんか?

もしかしたらドライアイかもしれません。

症状の詳細と、改善方法をご紹介!

スポンサーリンク

ドライアイとは

目の表面を守る涙の量が減ることで、目の乾燥などを引き起こす症状のことです。

近年ではドライアイ患者は2,200万人いるとされています。

症状についてまとめると

目が乾く                                    ヒリヒリ、ゴロゴロする                             霞んで見える
などがあげられます。
上記ので当てはまるものがあったら、ドライアイかもしれません。

原因は?

ゲームやスマートフォン、パソコンなどに集中し過ぎていませんか?

1つのものに集中すると、まばたきの回数が激減して涙が乾きやすくなってしまいます。

エアコンの風が当たったり、室内の乾燥も大敵。

涙が乾いて減ってしまうのがドライアイの原因なのです。

コンタクトレンズを使用している人は、使用していない人よりもドライアイになりやすいと言われています。

対策は?

長時間パソコンを使うようなら、1時間に1回は外の景色を眺めるなど目を休ませる時間を作りましょう。

集中し過ぎていると感じたら、意識的にまばたきの回数を増やすことも重要です。

そして、乾燥を感じたら目薬を。

早めの対策を心がけましょう。

家にいる時なら、ホットアイマスクを使うのも効果があります。

血液の流れを良くし筋肉もほぐれるので、疲れ目にも効きます。

温めるのではなく冷やすのも気持ちがいいですが、冷やしても効果はありません。

 

サプリを試すという手もあります。

ブルーベリー、もしくはルテインが効果があります。

ルテインはスマホなどの電子機器の画面から発せられるブルーライトを吸収する効果があるとされています。

ちなみにルテインは、緑黄色野菜に多く含まれています。

まとめ

スマホやパソコンの普及により、疲れ目になりやすい現代。

目の異常を感じたら、眼科で見てもらうことをお勧めします。

ドライアイ専用の目薬を処方してくれますよ。

なにはともあれ日常生活での過ごし方が肝心。

ついついゲームや作業に集中してしまいがちですが、目を休めることも意識していきましょう。



健康
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました