普通預金口座で利息がマイナスに!?口座維持手数料とは

生活の豆知識
知らないと損するかもしれないニャ!

 

大手銀行が口座維持手数料というもの導入を検討していることが、明らかとなりました。

一体どういうものなのか。

解説して行きます!

スポンサーリンク

口座維持手数料とは

三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行の3つのメガバンクが口座維持手数料の導入を検討していることが、明らかとなりました。

銀行が預金者のお金を預かる代わりに、保管料を貰うといった感じのものです。

海外では既に導入されているところもあり、日本もこの仕組みが始まってしまうかもしれません。

ちなみに普通預金口座の利息はいくらか知っていますか?

大体どの銀行も0.001%という非常に低い水準になっています。

口座維持手数料は3千円程になるのではないかという声もあることから、お金を預けていても利息が付くどころかマイナスになる可能性が高いです。

そう考えると、銀行にお金を預けるのが馬鹿馬鹿しくなりますよね

対策は?

ネット銀行は利率が良く、口座維持手数料の話も今の所出ていないので、ネット銀行に切り替えるのも手かもしれません。

でも預金を移し替えるのはなんか不安だし、手続きも大変そう……

といった場合には、つみたてNISAでの投資信託を検討してみてはいかがでしょうか?

(つみたてNISAの紹介を度々してますが、その業界のものではありませんので安心して下さい(笑))

金融庁が進めている制度であり、取り扱われている商品(投資の)も金融庁の審査を通ったものなので、安心です。

20年という長い期間運用して行くこともあって、将来や老後に備える為の貯蓄と考えればよいと思います。

ポイントをまとめると

・利回りが平均5%前後なので、普通預金に預けるより圧倒的に良い

いつでも引き落とせる

・20年後には500万円以上の利益が出る可能性が高い

といった感じです。

始めるのは難しそうと感じるかもしれませんが、どんなことでも新しい世界について知るのは最初は大変です。

ですがそこを乗り越えればきっと「始めて良かった!」と思えるはずです。

過去に開設した記事があるので、良ければ参考にしてみて下さい↓

【利回り5%!?】つみたてNISAの魅力について解説

あと下記のブログが大変参考になったのでリンクを張っておきます↓

つみたてシータ

まとめ

日本の財政状態が急激に良くなることは今後考えにくいと思います。

自分が損しないためにはどうしたらいいか。

考えてみるのに良い機会かもしれません。

 


生活の豆知識
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました