定価で売っている本を半額で読む方法【裏技&節約】

生活の豆知識

不用になった本を手放す方法として、皆さんはどんな手段を思い浮かべますか?

売ってもどうせ数十円だったりするし……。

と思っていませんか?

実は、店舗で本を売るのはかなり損していますよ!

どうやればお得に本を読めるのか。

その方法をご紹介します。

ナイアード
ナイアード
誰でも簡単に実践できるよ
スポンサーリンク

読み終わった本は店舗で売るべきではない

この記事のタイトルは『定価で売っている本を半額で読む方法』となっていますが、それを実行するのに大事なのが本を売る時となります。

読み終わった本・不要になった本を例えば、大手買取ショップの「ブッ〇オフ」に持って行ったとします。

数百円位にはなるかなーー♪

とウキウキしながら査定してもらい、レシートを見て愕然……。

そんな経験はありませんか?

実際私もそうでした。

どうにかして高い値段で売れないだろうか。

そう思っていた時に出会ったのが、フリマアプリのメルカリ

実際に本を売ってみた結果、定価1,400円の物が、手数料などを引いても800円で売れました。

つまり、新品の本が半額以上のお得な値段で読めたということになるのです!

では次の項目からメルカリの使い方をご紹介します。

本を売るならメルカリを利用するべし

フリマアプリで有名な物の1つであるメルカリ

これを利用すれば、不要になった本を高額で売ることが出来るんです。

本当に利益でるの?

発送するのめんどくさいんじゃないの?

といった疑問にお答えして行きます。

利益は出るのか(実体験を紹介)

私はついこの間、とある1冊の本をメルカリで売りました。

それは定価の1,400円で以前買ったものです。

そして売れた額は先程も書きましたが800円。

買取ショップで売るよりもかなりお得な結果に。

 

ちなみにメルカリで本の出品は非常に簡単に出来ます。

手順を1つずつ説明して行きますね。

 

手順① 本の写真を撮る

売りたい本の表紙を写真で撮りましょう。

背景は白などの1色にして、画面いっぱいに商品が映るように撮るのがポイントです。

というのも販売中の商品は一覧で表示されるので、なるべく目立たせるためには重要なポイントなのです。

手順➁ 本の裏のバーコードを読み取る

メルカリのアプリでは、出品画面を開く時に「バーコードを読み取る」という、本を売る時に便利な項目があります。

その項目を押すとスマホのカメラが起動するので、本のバーコードを読み取ると……

なんと、本のタイトルや説明文、メルカリで売れやすい標準価格などが自動で出品画面に入力されるのです!

これがとても便利。

慣れれば出品に5分もかかりませんよ。

実際に私が売りだした本は、なんと出品してから約10分で売れました。

以前も出品した本がその位の時間で売れたので、メルカリを利用しているユーザーがいかに多いかが分かりますね。

 

実際に売れたら次は発送です。

めんどくさいんじゃないの? 次の項目ではそんな疑問にお答えします。

手順➂ 商品の発送

本を発送するのはとても簡単。

私のやり方としては、本を緩衝材(プチプチや保護シート)でまず包みます。

この緩衝材は100均で売っていますよ。

包んだら次は封筒に入れます。

A4封筒とかでOKです。

これも100均で買えます!

商品を入れて封筒の封をしたら、近くのコンビニへ行きましょう。

メルカリは発送も非常に簡単で、「発送方法」→「コンビニ」といった感じでスマホの画面を進めて行くと、バーコードが表示されます。

そのバーコードをコンビニのレジで店員さんに読み取ってもらうと、これでもう発送は完了です。

想像していたより簡単じゃないですか?

発送伝票をいちいち書く必要はないんです。

コンビニなどに行く手間はありますが、それは出掛けたついでに行くことも出来ますし、少し手間をかけるだけで新品の本を定価の半分の値段で読めるので、やって損はないですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と知られていない、お得な方法をご紹介しました。

本を売る際にはぜひ試してみて下さいね。

 

参考になったと思ったらクリックをお願いします!↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました