寝つきが悪いのはブルーライトが原因かも【対策も紹介】

健康

スマホやパソコンを多用する昨今、長時間液晶画面を見つめているという方も多いと思います。

その液晶画面から発せられているのがブルーライト。

実は人体に悪い影響を及ぼす存在なんです。

では詳しく解説!

目に見えないからこそ、対策が必要ニャ
スポンサーリンク

ブルーライトとは?

パソコンや、スマートフォン、タブレット、テレビなどのLEDディスプレイから発せられている光のこと。

角膜や水晶体で吸収されないで、網膜まで届いてしまうので、人体への影響が懸念されています。

青色の光なのでブルーライトと呼ばれています。

電子機器のそれぞれのブルーライト発生量は下記の図の通り↓

引用元:ブルーライト研究会 ブルーライトとは

スマホが特にブルーライトの発生量が多いことが分かります。

使用するときも顔との距離が近いので、余計影響を受けやすくなっています。

次にゲーム機、パソコンとなっています。

どんな影響があるの?

就寝前に布団の中で、ついついスマホをいじってしまうことありませんか?

実はそれ、体に良くないんです。

というのも、ブルーライトは睡眠の質を低下させるという報告があります。

メラトニンという睡眠ホルモンの分泌を妨げてしまうので、寝つきが悪くなったりなどの悪影響が出てしまうのです。

体への他の悪影響としては、眼精疲労なども挙げられます。

対策は?

まずは1番よく使う電子機器であるスマホの対策をすると良いかと思います。

スマホにはブルーライト軽減機能が標準で装備されていることがあります。

もしなければ、似たような機能を持つアプリが無料で沢山配信されているので、試しに使ってみると良いかもしれません。

意外と効果がありますよ。

他の対策としては、ブルーライトカットフィルムをスマホやパソコンに貼るのも効果がありますよ。

ただ難点として、日光が当たるとフィルムが青く光って見えるので、画面が見づらくなってしまうことがあります。
室内でしたら全く問題ないですし、製品によっても違いがあるかもなので、購入の際はレビューを参考にするなどして下さい。
最近では多くの眼鏡メーカーからブルーライトカット機能付きのレンズも販売されています。
レンズにその機能を追加するのに数千円かかってしまいますが、眼鏡の方は検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

睡眠などに悪影響を及ぼすブルーライト。

スマホを使用する時間を減らしたり、使う時はなるべく画面から顔を離したりなど、体への負担がなるべく少なくなるように過ごしていくのが良いかもしれませんね。

健康
スポンサーリンク
naiadをフォローする
猫が教える生活の知恵
タイトルとURLをコピーしました