ブログ運営で役立つ用語・単語まとめ【WordPress】

ブログ運営の豆知識
分からない言葉もこれを見ればスッキリ解決!

 

こんにちは、ナイアード(@naiad812)です。

ブログを運営して行く中で、分からない言葉って沢山出て来ますよね。

でもいちいち調べるの面倒だし……と感じることもあると思います。

そんなあなたのお役に立てればと思い、よく目にするであろう用語を一覧にしてみました。

では見て行きましょう!

スポンサーリンク

ブログでよく使われる言葉・あ行

アイキャッチ

記事一覧に表示される画像のこと。

内容を表す言葉も入れておくと、ユーザーに一目で情報を伝えることが出来ます。

これのこと↓

アップロード

自分のパソコンから画像などの様々なデータを、インターネット上のサーバーに転送すること。

アドセンス

正式名称はGoogle AdSense(グーグルアドセンス)。

ブログ運営で稼ぐ為の手段の1つ。

自分のブログに広告を張り、それがクリックされたりすることで収入が発生する。

アナリティクス

正式名称はGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)

アクセスの分析に使用します。

無料で使えるので登録しておきましょう!

アフィリエイト

ブログで稼ぐ方法の1つ。

有名なのは

とかだったり、もしもアフリエイト

広告を張ってクリックされたり、商品が売れたりすると報酬が手に入ります。

RSS

普段よく見ているニュースサイトやブログを登録しておくと、それらのサイトが更新された時に自動的に情報をお知らせしてくれるツール。

インポート

データを取り込むこと。

HTML

インターネットで表示されるサイトは基本的に、HTMLという言語で作成されています。

アルファベットや数字を組み合わせることで構成されています。

ASP

インターネットを通して、ソフトを提供している事業者のこと。

エクスポート

データを外部に送ること。

SEO

検索エンジンに評価してもらってアクセス数を伸ばすために、サイトを改善したりする取り組み。

SNS

正式名称は「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」

ツイッターやフェイスブックのことを言います。

FTP

パソコンにあるファイルをネットワーク上にアップロードしたり、ダウンロードしたりする時の約束事。

オウンドメディア

自社が保有し、運営するメディアのこと。

パンフレットやメルマガ、ツイッターなど宣伝媒体のことを指します。

か行

外部リンク

他の方が運営しているサイトに張ってもらった、自分のサイトへのリンクのこと。

この外部リンクが多いと、SEOの評価が良くなる。

カテゴリー

ジャンルや分類のこと。

例えばペットのブログを運営しているとしたら、「犬」や「猫」などのカテゴリーを作っておいて、書いた内容に合わせてそれらのカテゴリーに入れておくことで、記事の場所などを把握しやすくなる。

キーワードプランナー

記事を作る際に参考になるツール

インターネットでどのような言葉が、どのくらいの数検索されているのか知ることが出来ます。

キュレーションサイト

情報がまとめられたサイト。

NAVERまとめなど。

Chrome

ウェブブラウザのこと。

Googleが無料で提供している。

拡張機能を使ってツール入れることでカスタマイズも出来る。

クロール

インターネット上の様々なサイトを巡回しているロボット(クローラー)が、自分のサイトに来ること。

クローラーが来るおかげで、インターネットの検索結果に表示される。

グローバルメニュー

サイト内のコンテンツを分かりやすく表示する部分のこと。

赤枠で囲った部分のこと↓

検索エンジン

Google ChromeやYahoo!などのこと

固定ページ

会社情報とかサイトマップ、お問い合わせのページなど、1回作ったら更新する必要のないページのこと。

コンテンツマーケティング

ユーザーにとって魅力的な内容のページを作って集客して、商品を売ったりして売り上げにつなげること。

さ行

サイドバー

ブログなどで、画面の右に表示されている項目一覧のこと。

カテゴリーやプロフィール項目などを配置することが多い。縦に長く表示される。

サイトマップ

サイトの、どの階層にどんな項目があるのか。

といったように一目でサイト全体の構成が分かるようにした、地図のようなもの。

これを設定しておくとSEOにも効果があると言われている。

サーチコンソール

正式名称はGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)

自分のサイトがどのようなキーワードで検索されているのか、今までに何回ページが表示されたのかなどを知ることが出来るツール。

サーバー

サービスを提供している会社のコンピューターのこと。

月額料金を払うことでそれを使用することができ、ブログで必要なデータなどをそのサーバーにアップロードすることで、ブログを公開することができる。

有名なのはこれ↓私も使ってます。 サムネイル

インターネットで画像検索をしたときに、小さめの画像が一覧で表示されますよね。

それのことです。

CSS

正式名称はカスケーティングスタイルシート。

ホームページやブログを作る際に使われるプログラミング言語。

サイトの基本構成はHTMLで作られるが、CSSは装飾や色、配置などの見栄えを良くするために使われる。

シークレットモード

Google Chromeのブラウザで検索する時に使用出来る。

特徴として検索履歴が残らないなどがある。

使い方はブラウザを開いて、右上の縦に点が3つ並んでいるアイコンをクリックすると

「シークレットウィンドウを開く」という項目が出て来るので、クリックすると使える。

スラッグ

下記の画像の赤枠で囲った部分のこと。

 

URLの1部分なのですが、そのページがどんな内容なのかを表す部分でもあります。

WordPressだと「パーマリンク」という項目で設定出来る。

設定しておくとSEOにも効果があると言われており、その記事の内容を表す英単語を設定しておくと良いです。

た行

タグ

各記事に設定しておくことで記事一覧が表示された際に、その内容がどんなものなのか一目で分かるように設定しておくもの。

ダッシュボード

WordPressの管理画面のこと。

ドメイン

インターネット上の住所の一部分を表す。これを取得しないとブログなど運営できない。

「~~.com」などのこと

トリミング

画像の一部を切り取ること。

な行

内部リンク

自分のブログの他の記事へのリンクのこと。

SEOにも有効と言われている。

にほんブログ村

ブログランキングの1つ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ブログランキングの1つ。

は行

バナー

商品などを宣伝する時に使われるアイコン画像のこと。

パーマリンク

記事毎のURLのこと。

分かりやすくするには自分で編集する必要がある。

この記事内の「スラッグ」の項目も参照するのをおすすめします。

パンくずリスト

ブログなどに訪問した時に、自分がいまこのサイト全体のどの部分にいるのかを分かりやすくするためのモノ。

私のブログの場合、各記事の上部に表示させています。

PHP

プログラミング言語の1つ。

PV

ページビュー。アクセス数のこと。

ファビコン

ブラウザのタブに表示される、小さいアイコンのこと。

ブラウザ

ChromeやYahoo!などの、インターネットを閲覧する際に必要なソフト。

プラグイン

拡張機能のプログラムのこと。

WordPressではこれを追加することで、自分好みに使いやすくカスタマイズ出来る。

フッター

ページの下の部分のこと。

ヘッダー

ページの上の部分のこと。

ペルソナ

読者像のこと

ま行

マインドマップ

紙の中心に主題を書き、そこから連想した言葉や要素を周りに書いて線で繋げて行くことで、思考を具現化させたモノ。

メタディスクリプション

検索結果一覧などで表示される、記事の内容を表した文章。

や行

URL

インターネット上の住所のこと。

私のブログのURLはこれ→ https://naiad813.com/

USP

(Unique Selling Proposition)の略。

他にはない独自の強みのこと。

ら行

リライト

一回書いた記事などを見直して、修正すること。

リンク

他のWebページなどのURLを張ったもの。

クリックすることでそのページに行ける。

レスポンシブデザイン

スマホやパソコンなど、使用する端末に合わせて最適な画面サイズで自動的に切り替えてくれる仕組みのこと。

ロングテールキーワード

複数のキーワードの組み合わせで検索される言葉のこと。

例えば「果物 甘い おすすめ」といった感じ。

わ行

Word Press

ブログ運営で使われるソフトウェアのこと。

まとめ

いかがでしいたでしょうか?

沢山紹介してしまいましたが、お役に立てたなら嬉しいです!

 

良ければクリックをお願いします!↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ



タイトルとURLをコピーしました